公演のご案内


あひるなんちゃら関村個人企画
ワタナベの自伝

去年、異常なペースでやっていた、関村個人企画ですが、2018年になってからは、なんかやる時間がなくてですね、ちょっと間があいてしまいました。お久しぶりです。まだまだやる気あります。

今回は、三人芝居です。

自伝を書くということに興味がありまして。どういう時に人は自伝を書くんだろうっていう意味なんですけども。
誰かが伝記を書いてくれるような人物っていうのは、それはもう相当な活躍をされた偉人に限られるわけですが、自伝はそこらへん自由だと思うんですよ。とはいえ、まあ、普通は出版する予定がないと書きませんよね。だから、自伝っていうと、何かを成し遂げた有名人が、出版社に頼まれて書くもの、っていうイメージがあります、私には。でも、たまにいると思うんですよ、あてもなく自伝を書く人が。ちょっと気持ちわかるんですよね。最近はやめちゃいましたけど、私も昔、日記をまめに書いてた時期があって、それと同じようなことだと思うんですよ。自分の人生を記録しておくみたいな。気持ちはわかるんですけど、なかなか書き始めるところまでいくものではないと思うんですよね、絶対めんどくさいし。50分の芝居の脚本書くのだって、こんなにめんどくさ…いやいや、いつも楽しく書いてますけどね、私は。

脚本を書くようになってから時々、最後に書く脚本が駄作だったら…、みたいなことを考えるんですよ。いやいや、いつも駄作書いてるじゃん、とか言われたら何もできなくなるから、いつもは駄作じゃないのを書けてることにしといてもらって、話を進めますね。まあ、そんなことを考えるんですよ。駄作だったら嫌だなあ、とかそういうことじゃなくて(嫌なんだけど)、これがラストですよ、これで演劇とかそういうこといっさい辞めますよ、みたいな時が来たとして、「これが俺の集大成です」ってみんなに言ったうえで書いたそれがですよ、もし駄作だったら…、面白いな、って。
伝説になると思うんですよ。「ちょっと本人には言えないけど、最後のあれ、ひどかったね。」みたいな。でも、わざとつまんなく書いちゃったら面白くないんですよ、こっちはマジで取り組んだうえで駄作じゃないと。
と、こういうことを考えてるって言うと、周囲の人間には「お前、頭、おかしいよ」って言われるんですけど、いちおう私、まだ正気を保っております。医師からそういう指摘をされたこともありませんし、正体不明の薬を処方されてもおりません。

ま、そんなわけで、今回の個人企画「ワタナベの自伝」は、おそらく駄作になるであろう自伝を書く男の家族たちの話です。

出演者のワタナベくんのガチの自伝とかではありません(それはそれで面白そうだけど)、普通にフィクションです。

愉快な50分くらいのサクっと見れる三人芝居になる予定です。みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

脚本・演出

関村 俊介[あひるなんちゃら]

出演

松木 美路子
かきあげ あゆみ[かきあげ団]
渡辺 裕也

日程

2018年6月23日(土)〜24日(日)
6月23日 17時/20時
6月24日 14時/17時/20時

料金

予約すると 1800円/予約しないで当日いきなりくると 2000円
※全席自由席・日時指定

予約

2018年5月12日20時から予約受付開始!
チケットの予約こちらからになります。
※最終予約受付は公演2時間前までとさせていただきます。
※公演当日はご予約頂いたお客様から優先してご案内致します。当日の定員を超えますと、 ご入場頂けない場合がございますので、ご予約されることをお勧め致します。
※ご予約申し込み時に、携帯電話のメールアドレスをご使用の場合、こちらからの返信メールが受信拒否されてしまう可能性があります。「ahirunanchara.com」ドメインの受信が可能なように設定・登録していただきますようお願い致します。

会場

Live space anima
adr. 新宿区四谷4−9 エントランスノアビル2F

お問合せ

スタッフ

公式サポーター:澤唯(サマカト)、伊達香苗(MCR)、野村梨々子(あひるなんちゃら)